27歳単独登山家の挑戦/全てに感謝

高校卒業しても夢も目標もなく、ただ都会にあこがれ東京へ向かうも、挫折。1年間のフリーター・ニート生活を行う。上京から1年後には北海道へ戻り、大学に進学。あることがきっかけで山岳部へ入門する…。

★S会場: 10:50-11:30 #sn2010ch

★S会場: 15:00-15:50 #sn2010ch

栗城史多と言う人

登山を開始し2年が経過した2004年6月(22歳)、初の海外旅行で北米大陸最高峰の「マッキンリー」を単独登頂に成功。2005年1月南米最高峰「アコンカグア」 (ポーランド氷河)に 単独登頂してから登山を通して、地球を感じてみたいと思い、7大陸最高峰のうち6大陸を単独で登ってきた。2007年からは、ヒマラヤ8000m峰を目指すようになり、2007年5月、ヒマラヤ初遠征で世界第6位高峰「チョ・オユー」単独無酸素登頂を果たす。その時から動画配信を行い「冒険の共有」を目指すようになる。

2008年10月には、世界第8位高峰「マナスル」(8163m)では、日本人として初となる単独・無酸素登頂と、山頂からのスキー滑降に成功。2009年5月、世界第 7位高峰「ダウラギリ」(8167m)の単独・無酸素登頂に成功し、インターネットライブ中継も行う。

現在、企業での講演活動を行いながら、2010年4月「アンナプルナ」(8091m)山頂からのスキー滑降と、再挑戦となる「エベレスト」(8848m)グレートクロワールルートからの単独・無酸素登頂に向けて準備中。 エベレスト単独・無酸素登頂は、未だ日本人では成功した人はおらず、その冒険の模様を世界初のインターネット生中継を行う予定!

座右の銘: 「全てに感謝」
使命は、「人に感動してもらう冒険を行い、一歩踏み出す勇気を与える」


◇講演: 栗城 史多 (くりき のぶかず) @kurikiyama

1982年北海道生まれ。7大陸最高峰のうち現在までに6つを単独登頂した。ヒマラヤ山脈の8000m峰の3座も単独・無酸素で成功。マナスル山頂からスキー滑降を行った。この夏、日本人初のエベレスト(8848m)の単独・無酸素登頂へ再挑戦。その模様はインターネット生中継される。

□司会: 小野 裕史 (おの ひろふみ) @hiro0n0

1974年札幌生まれ。株式会社シーエー・モバイルを創業からモバイルビジネスのリーディングカンパニーにまで導く。2008年同社専務取締役退任後、インフィニティ・ベンチャーズLLP共同代表就任。中国日本にてネットベンチャーを投資/育成を行う。

□演出: 藤田 功博 (ふじた たかひろ) @fujita_nzm

1980年京都生まれ。京都大学経済学部在学中に、「京都の魅力を日本へ、世界へ」をモットーとして同社を設立。京都ガイドブックの編集や、観光ツアーの企画、京都ブランド商品のプロデュースに携わる。仕事に熱中しすぎて大学に7年通うハメになった経験から、同じ轍をふまないよう後輩の学生ベンチャーにいろんなアドバイスを行っている。


Comments