なんで、大企業はベンチャーとつながりたいのか???

~仕事のやり方が変わる!視点も!思考も!!自分の人生も!変わりまくり!!~

2階A会場 15:40-16:20
#sn2015a6



「ベンチャー」は、キット、、、何かの課題を解決するためにとか、何か未知なるモノを実現するためにとか、、、そんな強い思いで起業している。だから「仕事が面白い」って思っているヒトが多いのは当たり前。

やっぱり、大企業の中に作られた「社内ベンチャー」とは違う


じゃぁ、ベンチャーと大企業が深く関わりあうと、どうなっちゃうのだろう? そのあたりの「実情」について探ってみたい。




砂金 信一郎 - 日本マイクロソフト株式会社
東工大卒業後オラクル、戦略コンサル、スタートアップ(マザーズ上場)を経て、マイクロソフトでスタートアップ支援を積極的に推進。オーディエンス・テクノロジー・エバンジェリズム部部長エバンジェリスト。

種田 慶郎 - 株式会社フジテレビジョン
1987年、株式会社フジテレビジョン入社。「夜のヒットスタジオ」「なるほど!ザ・ワールド」「F1グランプリ」スタッフ等 を経て、海外コンサート、ミュージカルなど多数のイベントをプロデュース。その傍ら、2000年2月の「CXアーティストNUDE」を皮切りにいくつかのファンクラブ系携帯サイトを手掛ける。ゲーム&インキュベーション事業部長。株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、投資検討委員長、株式会社 Fuji&gumi Games、代表取締役社長を兼任。

勝屋 久 - プロフェッショナル・コネクター 兼 ペインティング・アーティスト
1962年生まれ、東京生まれ。上智大学理工学部卒業。日本IBMにて25年間勤務、IBM Venture Capital Group パートナー日本代表、経産省 IPA 未踏IT人材発掘育成事業プロジェクトマネージャなどを経て、2010年 勝屋久事務所 を設立し、『つながりで人がもっと輝く』 をコンセプトに 「プロフェッショナル・コネクター」 として活動を開始。 https://www.facebook.com/hisashikatsuya







2015年4月30日公開