領収書が「PDF保存」で良くなるゾ! (仮)

~税制改正大綱に揺れた ECM 業界~

2階B会場 13:00-13:40
#sn2015b3


今年は、「エンタープライズITのポテンシャルとオモロさ」について、一人で語ってみる。

特に、制度が激変中の「文書のデジタル化」について、業界動向を語ってみる。

・・・と言う挑戦をします。



石井 昭紀 - 株式会社イージフ 副社長・CTO
高校卒業後、上洛。京都大学農学部卒業の半年前に地元神奈川へ帰って家業のクレーン屋を手伝うも、翌年再び、大学院情報学研究科に入学。大学院修了後5年間に5社を渡り歩く(単なる買収も含む)。移動式クレーン運転士。「何トンでも吊れます」。いちおうITコーディネータ。【著書】「現場で使えるIFRS導入の実務」(共著 日本実業出版社) https://www.facebook.com/yumioka




▽2014年11月の記事▽
◆領収書の電子保管を容認 -- 日本経済新聞 2014-11-05 政府は税務調査の証拠となる領収書や契約書の原本を原則7年間保管するよう企業に義務付けた規制を2015年にも緩める方針だ。3万円以上の場合に紙のまま保管するよう求めていたが、スキャナーで読み取って画像データを保存すれば原本を捨てられるようにする。
http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS31H5B_U4A101C1MM8000/


▽2015年4月の記事▽
◆領収書はスマホ撮影で 原本廃棄可能に、財務省検討 -- 日本経済新聞 2015-04-28
営業担当者が撮影した領収書の画像データを、出先から本社の経理部門に直接送るなどの効率化が期待できる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF27H1U_Y5A420C1MM0000/









2015年5月7日公開