大学発ベンチャーの挫折と転換 (仮)

~経験者の語る落とし穴~

2階C会場 14:50-15:30
#sn2018c3



学生起業

「世の中を変えたい」とか、「ボロ儲けしたい」とか。



ただ、その多くは、
  • プロダクトが売れなくて資金が尽きた
  • ケンカしてチームが崩壊した
といった残念な結果になっている。確かに、そんな『失敗談』から学ぶことは多い。



だけど、、、同じ失敗でも、
  • 偶発的な不幸で失敗してしまったケース」もあれば、
  • 「事業そのものがちゃんちゃらダメなケース」
だってある。。。


このセッションでは、むしろ『生存談』を聞いてみたいと思う。様々な挫折を経験しつつも、試行錯誤の中で生き延びてきた(?)先輩方から。。。 (当セッションはオフレコ座談会です)







深田 浩嗣 - 株式会社Sprocket 代表取締役
2000年、京都大学大学院情報学研究科在学中に株式会ゆめみを設立。2005年、代表取締役社長。2014年6月、株式会社Sprocketを設立(ゆめみより分社)、代表取締役。Web接客手法によるコンバージョン最適化ツール「Sprocket(スプロケット)」の開発・提供に注力している。 https://www.sprocket.bz/

藤田 功博 - 株式会社のぞみ 代表取締役
1980年京都市生まれ。経済学部経営学科にてマーケティングを専攻。在学中に観光企画会社の「のぞみ」を起業し、「京都地図本」や「京都を英語で案内できますか?」など京都ガイドブックの分野で30万部を超えるベストセラーを生み出した。現在はコンテンツ制作に加え、新しい観光ツアー・観光イベントの企画を行い、年間3万人以上を動員している。







2018年5月28日公開